株式会社 大山

経営方針・企業理念

代表取締役 大山典男

ご挨拶

1900年(明治33年)、紙、筆、墨商として創業以来、100有余年に亘り、文具は文化品と捉え快適生活を、オフィス関連はお客様企業の業務改善の支援業として地域の皆様にお役にたつべく事業を展開してまいりました。加えてオフィスの設備ご提案に中で培われた内装工事を発展させ、オフィスの省エネ提案の分野へと広がりの中から、地球温暖化防止の一助として脚光を帯びてまいりました太陽光発電システム等々再生エネルギー事業へと拡大してまいりました。

 

常に、行動基準「もし、私がお客さまだったら」、自分達の行う事業が社会のお役に立っているのか?大義名分のある事業なのかを自問しつつチャレンジしていく所存です。

 

代表取締役 大山典男

オーヤマ 経営方針・企業理念

「常と変」

常とは・・・企業理念、社是・信条・思い・信念

いつの時代においても「お客様」があって企業は存在、成り立ちます。

変とは・・・経営戦略方針

企業は環境適応業、時代はお客様がつくる。時代に適応する、即ち時代に適応する、その時代のお客様のものの見方、考え方に会社を、我々自身を変えていかなくてはならないと考えております。

社是